Superscriptは外国語入力を専門とするソフトウエアショップです

2014/02/14

ロシア語入力ソフト RuscaUC の紹介

 RuscaUCは単語帳機能付きロシア語入力ソフトです。Ver3.6では、主画面でDeleteキーが機能しない問題を解消。また入力モードがロシア語タイプライタなどMS IMEの時に数字の2のキーを押すと、ロシア語ローマ字入力になる問題も解消しました。

シェアウエアについて

 このソフトはシェアウエアです。インストールした時点で、いくつかの試用制限(フルには使えない機能)があります。

 ライセンスを購入され、お名前とともにライセンスキーをソフトウエアに登録して頂きますと、すべての制限が外れすべての機能をお使いになることができます。

新しい入力手段・・・ロシア語ローマ字入力

 ロシア語のキーボードを覚えなくていいので楽です。"Добро пожаловать!"を入力する際に、多くの文字はキーボードに1文字の候補が関連付けられていて、キーボードを押すとダイレクトに文字を入力できます。例えば「р」を入力するには「r」のキーを押します。

 一部の文字は下の図のような候補画面が出て、選択して入力します。下の例はキーボードで小文字の「z」を押した時表示される候補画面です。「ж」を入力するにはスペースキーで候補(背景水色)をずらし、エンターキーを押すだけです。

対応OS

Windows 8.1、Windows8, Windows 7, Windows Vista, (Windows XP)

必要なフォント

  • ロシア語フォント: Times New Roman、Arialなど
  • 発音記号フォント: Segoe UI (Vistaと7には標準で入っています)

※補足1:発音記号フォントについての詳細はこちらをご覧下さい。

※補足2:WindowsXPには標準ではSegoe UIがありませんが、マイクロソフトのサイトから「Windows XP 用 Windows Live Essentials」をダウンロードし、インストールすることで"Segoe UI"を無料で入手できます。もちろん、お持ちの場合Windows 7やVistaから"Segoe UI"フォントをWindows XPパソコンにコピーしても結構です。

ダウンロードと購入方法

 最新版のダウンロードは、こちらのダウンロードページに集約しました。

 購入方法についてはこちらのページを御覧ください。

今回の改良点

  バージョン: Ver3.6 (2014/02/14)

  1. 主画面でDeleteキーが機能しない問題がありました。原因はメインメニューの「編集」「削除」のショートカットに「Del」キーが指定されていたため、Delが押されたイベントを先にこちらで取られていた点にありました。ショートカットをなくすことで解消しました。
  2. 入力モードがロシア語MS IMEのとき、数字の2のキーを押すと、ロシア語ローマ字入力になる問題を解消しました。数字の2のキーにはハイフンの他に、長いダッシュなどが候補に設定されていて、候補画面が出た時、入力モードが切り替わる問題がありました。候補画面を閉じるとき、ロシア語IMEにする処理を加え、問題を解消しました。

履歴

公開日バージョン主な変更点
2012/05/22Ver1.0初版公開
2012/06/08Ver1.1トリガーキーの文字色を黄色から青色へ変更
2012/06/14Ver1.20試用ボタンを一度も押さずにライセンスキーを登録した時にエラーが出る問題を訂正しました。
2012/06/29Ver1.50新機能「記号奥の手」で、ユニコードフォントの様々な記号や文字を入力できるようにしました。
2013/04/25 Ver3.0 ・インストーラーをアメリカのImstallAwareに変更しました。
・ロシア語ローマ字入力機能追加。
・現代ギリシア語、ウクライナ語入力も可能
2013/06/27 Ver3.1 ・単語帳の登録単語の各項目に文字を多く入れても表示速度に影響をあたえないようにしました。
・転送時の貼り付け精度を向上させました。
・1,500円に値下げをしました。
 2014/01/10 Ver3.5  ・入力時の文字サイズと転送時の文字サイズを別々に設定できるようにしました。
・ロシア語か発音記号か、転送対象を自動で判断するモードを作りました。
 2014/02/14 Ver3.6  ・主画面でDeleteキーが機能しない問題を解消しました。
・入力モードがロシア語MS IMEの時に、数字の2のキーを押すと、ロシア語ローマ字入力になる問題を解消しました。。

旧版Ruscaとの機能的な違いについて

  Ruscaでは、アクセント付き文字を入力するのに外部フォントを必要としましたが、Vista以降は特別なフォントなしにアクセントを打てるようにしました。

 またRuscaUCは完全ユニコードソフトにしたので、発音記号を単語帳で扱えるようにしました。その他、機能拡張の可能性が増えました。

特 徴

  1. 特別なフォントを使わないでアクセント付きロシア語入力ができます。
  2. ロシア語のIPA発音記号(Unicode)をほとんどすべて入力できます。*1
  3. ロシア語ローマ字入力機能で、ロシア語キーボードを覚えなくてもロシア語入力可能。
  4. 現代ギリシア語、ウクライナ語の入力も可能。
  5. 画面は、標準モードとPADモードを切り替えられます。
  6. 大画面モニターに対応し、画面の大きさや各部の文字の大きさを変えられます。
  7. 単語帳はすべてユニコードテキストになりました。
  8. 単語帳では露日、日露の切り替えが可能です。
  9. 単語帳でmp3音声ファイルを再生できます。

機 能

  1. ロシア語入力 (他のアプリケーションへ転送する形で)
  2. 現代ギリシア語入力
  3. ウクライナ語入力
  4. 発音記号入力
  5. 汎用ユニコード入力機にもなります。
  6. 単語帳作成、検索(辞書的使い方が可能)

基本的な使い方: 他のアプリへの文字転送方法

 ロシア語を他のアプリに転送する場合は、メニュ−の「転送モード」で転送したい方式の転送モードを選びます。通常は「ロシア語 リッチテキスト」を選んでおきます。

 発音記号を転送したい場合は「転送モード」を「発音記号 リッチテキスト」にします。

 ホームページビルダーなどHTMLエディタで外国語を表示したい場合は、ロシア語でも発音記号でも形式を「リッチテキスト」でなく「Unicode16進 数値文字参照」を選びます。

 転送先アプリの転送したい部分を一度クリックし、その後RuscaUCに戻り、「転送」ボタンを押すだけです。

主な画面モード

※標準画面:
  右上の入力モード切替で、ロシア語やギリシア語、ウクライナ語を切り替えられます。言語を切り替えたら、その下の文字PADで「ローマ字入力」か「MS IME」を切り替えることもできます。

※キリル文字にアクセント記号を打つには:

 キーボードで、「 ' 」(Shift+7のキー)のキーまたは右括弧「 ) 」を押すと、重ね打ち可能な主アクセント記号を打てます。文字PADでクリックしても結構です。

※PADモード:標準画面が大きすぎるとき、単語帳は使わない時、用います。

発音記号の入力方法

発音記号入力エリア

発音記号を入力するエリアは標準では薄いアイボリーの背景のエリアにしています。

候補を表示する

 発音記号は大文字アルファベットを使わないので、大文字アルファベットキーを押した時候補が出ます。

※候補が1つの場合、候補画面を出さずにキー操作で直接入力できます

 アクセント記号や長音記号はトリガーキーに対して、候補を1つにしています。効率的に記号を入力できるようにするためです。文字PADの「直」チェックボックスにチェックを入れておく必要があります。

ソフトウエアの紹介

ショップ情報

Superscript

北海道札幌市豊平区
→事業者概要