Superscriptは外国語入力を専門とするソフトウエアショップです

2018/4/17

タイ語単語帳ソフト KakiThai Ver10の紹介

 2002年8月にKakiThaiという名のタイ語入力ソフトを作りました。「旅の指さし会話帳 タイ」にも紹介されるなどして、多くのユーザーさんに使って頂いて来ました。今回、Windows 10時代になり、KakiThaiも入力ソフト→単語帳ソフト→学べるソフトと変化しようと考えています。

 またタイ語の難しさである文字と発音の関係をサポートする発音表記変換機能を組み込んでいます。単語の区切り場所に迷った場合や、SNSで見た辞書にないタイ語の声調や発音を知りたい場合、ワンボタンで発音記号やカナに変換できるので便利だと思います。
(茜PADは公開を中止し、タイ語関連ソフトはKakiThaiに統一させる予定です)

 是非、試用されてよかったらご購入の検討をお願いいたします。

  ※ベクターのライブラリーはこちらから

What's New in Ver 10

 今回のバージョンアップはメジャーバージョンアップです。このバージョンはWindows10上の新しい開発ツールで一から開発しました。

 
  1. 単語帳機能とトレーニング機能を別画面にしランチャーで切り替えるようにしました。
  2. 単語帳の主画面にソフトキーボードとコーカイ表を復活させました。
  3. 発音表記変換機能(茜PADの機能)に詳細画面を追加しました。
  4. 全体的に使いやすく分かりやすくしました。

■価格:

  • 定価: 1,700円
  • バージョンアップ価格: 1,100円 (作者直接送金の場合のみ)

※補足1:
 バージョンアップ価格対象:KakiThai Ver5以前および茜PADのユーザーです。
(なお送金前に作者にメールでライセンスを保持していることを表すデータを送付して、対象者であることを確認なさって下さい。)
※補足2:KakiThaiUC以降のユーザーはお持ちのライセンスキーでご利用jになれます。

  

■使用条件:

  • 対応OS:  Windows 10, Windows 7  (Windows8系も大丈夫だと思います)
  • 画面の文字サイズ(ディスプレのDPI): 100%~125%
  • 最小画面サイズ: 幅 800×高さ640ピクセル (PCは940×640以上のディスプレーが推奨です)
  • インストールするドライブ: CドライブのProgram Files(x86)の下にGianlucaというグループフォルダを作りその下にKakiThaiというフォルダを作ります。(インストーラーが自動で作ります)。他のドライブやフォルダに変更できません。

■単語帳フォルダについて

 単語帳ファイルを格納するフォルダが単語帳フォルダです。扱いやすいように2階層になっています。主画面でClassとbookを指定すると定まります。なお単語帳と練習場のClassとbookは独立です。

 具体的には、各自のドキュメントフォルダの下にGianluca\KakiThaiフォルダが作られ、その下に以下のような2階層のフォルダがあります。画面右下の単語帳メニューにある「Class」選択ボックスで切替えられます。

※補足: Class0にはサンプルが入っていますので、Class1~Class5を使われることをお勧めします。

  \Gianluca\KakiThai +----\Class0(教室0) ---+-\bookA
            |               -\bookG(日タイ辞書入り)
            |               -\bookS
            +----\Class1(教室1) ---+-\bookA
            |               -\bookG
            |               -\bookS
            +----\Class2(教室2) ---+-\bookA
            |               -\bookG
            |               -\bookS
            +----\Class3(教室3) ---+-\bookA
            |               -\bookG
            |               -\bookS
            +----\Class4(教室4) ---+-\bookA
            |               -\bookG
            |               -\bookS
            +----\Class5(教室5) ---+-\bookA
                           -\bookG
                           -\bookS

試用制限

 KakiThaiはシェアウエアです。ライセンスを購入されるまでいくつか制限があります。

  • 1つの単語帳フォルダに作れる単語帳の数: 5個
  • 1つの単語帳に登録できる単語の数:    15単語
  • 1度に転送できる文字数:         10文字
  • 発音変換できるタイ文字の数(茜ボタン): 15文字
  • 編集コマンド:    Cut&Copyなどクリップボードを使う操作はできません。
  • 使える単語帳フォルダ:    Class0内の3個のみ (ライセンス登録されるとClass1~Class5のクラスルームが使え、18個のフォルダが使えます)

■KakiThaiランチャー:

タイ語入力、単語帳づくりは単語帳を
作った単語帳で学ぶ場合、練習帳を選んで下さい。


各画面の終了はファンクションキーF12で統一してます。

■単語帳主画面:

 

起動したらすぐタイ語を入力できます。
タイ語と日本語のIMEの切替は自動でします。

■タイ語の発音を知りたい場合:

 

SNSで拾ってきた文章をコピペしてF7キーを押すだけ。
単語の区切りが分かり、発音のしかたも分かる

 

■発音記号も簡単入力:

 

Unicodeフォントの発音記号も入力できます。
声調符号は@がトリガー、spaceキーで移動しエンター

 

■タイ語を始めたばかりの人にも便利:

 

コーカイ表や母音記号表でクリック入力も可能。
複雑な声調規則もすぐに参照できます。

■楽しみながらタイ語のトレーニング:

 

空き時間は、自分で作った単語帳で学ぶ!
10問解いたら楽しいイラストが表示されます

     

 


 

問題のタイプで、空欄補充問題も作れます。
発音記号欄をタイ語の空欄文として用います。

     

 


 

短めの文の作文問題も作れます。
発音記号欄を日本語の指示文に使います。

     

 

改版履歴

■最新バージョン: Ver 10 (2019/4/9)

公開日 バージョン 主な変更点
2002/08/28 Ver1.0 Windows用のタイ語入力ソフトとして公開開始。
2008/01/19 Ver5.2 KakiThai Ver5.2で非Unicode版は開発停止。
2009/02/25 Ver1.0 完全UnicodeにしたKakiThaiProを公開。
2009/10/14 Ver1.6 KakiThaiProをVer1.6で開発停止。
2012/05/22 Ver1.0 タイ語に加え、ミャンマー語、ラオス語、クメール語入力に対応したKakiThaiUCを公開。
2013/12/06 Ver3.5 KakiThaiUCをVer3.5で開発停止。
2014/04/15 Ver6.0 名称をKakiThaiに戻しました。
・タイ語から読みを得る機能を付加して新たに登場
2014/11/28 Ver7.0 タイ語から読みを得る機能の精度向上
・日タイ辞書を10,000アイテム以上に充実。
・タイ語ローマ字入力のデザインを変更。
2015/ 9/28 Ver8.0 ・タイ語から読みを得る機能の精度向上
・タイ語予測入力方式「asisThai」を組込む。
・入力に、「MS Kedmanee」「MS Pattachote」を選んだ場合の、操作性に不具合があった点を改良しました。
2016/ 6/ 8 Ver8.5 ・初回インストール時にサンプルと辞書単語帳がインストールされない点を修正しました。
・発音記号入力エリアの高さを変えられるようにしました。
・単語帳への単語の入力順を保持するため、「発音カナ」欄をつぶし、連番を入れるメニューを「単語帳(W)」メニューに追加しました。
2017/ 8/ 8 Ver8.6 ・Windows 10正式対応のための改良:Microsoft Edgeで開いたサイトだけ貼り付けタイミングを若干遅くして解決
・自動貼り付けされない場合の対策:スロー貼り付けオプションの追加
・試用制限の緩和
2018/ 3/31 Ver9.0 ・全面作り直し
・トレーニング機能を入れました。
・インストール先フォルダ、単語帳フォルダなどを変更しました。
・タイ語入力は、ローマ字入力方式、asisThai、pattachoteなどの方式を廃止し、Windowsのタイ語入力の標準のKedmaneeだけとしました。
2018/ 5/24 Ver9.2 ・対応するPCの最小画面の高さを700から600にし、各部をそれに対応させました。
・画面オプションにSmallFontチェックボックスを追加し、単語帳メニューと単語リストの行数を多く表示できるようにしました。
・小さなバグフィックス
2019/ 4/X Ver10 ・ランチャーで単語帳と練習場(トレーニング)を分離しました。
・全体的に質を高めました。
・Windows10の新しい開発ツールで作成

ソフトウエアの紹介

ショップ情報

Superscript

北海道札幌市豊平区
→事業者概要