Superscriptは外国語入力を専門とするソフトウエアショップです

Japanese  English  Korean

ハングリン - 韓国語キーボード Ver4.2  2018.2.6

 ハングリンは韓国語学習者のためにデザインされた新しいタイプの韓国語キーボードです。

  • 新しいハングル入力方法はとても簡単です。19個の子音と21個の母音からそれぞれ一つ選び、表示された候補からハングルを選ぶだけです。
  • 子音と母音の切替えは自動で行うので、リズミカルに文字入力ができ、ハングル入力が楽しくなります。

[標準の韓国語キーボードとの違い]

  1. 標準キーボードではハングルを作りますが、ハングリンはハングルを選ぶので入門者でも楽です。
  2. 標準キーボードは、11,172個のハングルを入力できますが、ハングリンは基本モードでよく使う2,350個に絞込み、ほとんど使わないハングルは別モードにしたので、ボタンが大きくでき、間違いも減ります。
  3. 標準キーボードではニ重母音を作る基本母音の組み合わせを考える必要がありましたが、ハングリンは21個の母音を同列で扱うので、その必要がありません。つまり思考の流れを止めません。

購入方法

 このソフトはApp Storeのみで販売しているアプリです。価格は日本円では360円です。他国では3.99$です (2017)。Appleの紹介ページは下のApple Storeのリンクから移動可能です。ダウンロードも購入もiTunesからになりますが、このリンクから行けます。インストールするデバイス(iPhoneなど)から操作を行って下さい。なお1度購入されるとiPhone用にもiPad用にもダウンロードして使えます。

 ※バージョンアップがあった場合も、App Storeアプリの中で、アップデートの自動更新を選んでおけば自動で行われます。

対応機種と制約

[対応機種]

 iPhone 4S, iPhone 5S, iPhone SE, iPhone 6(S), iPhone 7, iPhone 8, iPhone 6(S) Plus, iPhone 7 Plus, iPhone 8 Plus, iPhone X, iPad Retina models, iPad Pro 9.7, iPad Pro 10.5, iPad Pro 12.9, iPadでのiPhone互換モード

[OS]

 対応OSはiOS Ver9.0以降

[制約]

 このソフトはAppleのCustom Keyboardの枠組みの中で作られており、パスワードや口座番号などの個人の重要情報を扱う入力エリアではCustom Keyboardは使えませんので、ハングリンも使えません。

特 徴

  1. 子音と母音を選択し、入れたいハングルを選ぶだけで現在韓国で使われているほとんどをカバーする2,350字のハングルを入力できます。
  2. 子音と母音が別画面に配置され、画面切り替えも自動でしてくれるので、軽快にハングルが入力できます。
  3. WindowsやMacと同じ4,888字の韓漢字を入力できます。
  4. オプションを変えることで11,172字のすべてのハングルを入力させることもできます。
  5. 動作中でも、デバイスの縦横の回転に対して画面デザインを適応させます。
  6. 日本の漢字を韓漢字とハングルに変換できるツールがあります。
  7. キーボードの色が速く変化する時、不快に感じる方のためにキーボードの色をグレー基調にもできます。

■Ver4.2で変わった点

  1. iPadでの数字入力モードと記号入力モードのレイアウトを改良しました。
  2. ツールのデザインを改良しました。

■基本ハングル入力モード

 現代韓国で用いられているハングルの99%以上を含む完成型ハングル2,350字をこの基本モードで入力できます。Ver4からキーボードの高さを少し高くすることで、字母の配置を2段から3段に変えることができ、それによりスクロール画面が不要になり、より軽快に入力できるようになりました。

[手順]

  1. 最初に19個の子音ボタンから一つを選びます。
  2. 自動で母音選択画面になるので、21個の母音から一つを選びます。
  3. 最大18個のハングルが表示されるので、タップするとハングルが入力されます。
  4. 1文字入力するとSTEP1の子音選択画面に戻ります。
Ver3.6  Ver4.0

■韓漢字入力モード

  • 韓漢字を入力するには、まず最初に基本ハングル入力モードでハングル1字を入力します。その後、漢字ボタンを押すと候補が表示されます。
  • 表示された韓漢字の中からいずれか選ぶとと直前に入力したハングル1文字が韓漢字に置換されます。(置換は1度きりです、以降は追加入力になります)
  • 戻るには、子音母音切り替えボタンを押して下さい。
  • 韓漢字は1画面24個で、最大3画面の切り替えになります。
  韓漢字入力モード  
   
      

■数字入力モードと記号入力モード

  • 数字入力モードは、"123"ボタンです。 
  • 数字のほかウォンや円などの通貨記号、時刻表示用のコロン、摂氏の温度記号等。丸囲い数字も入力可能です。
  • 記号入力モードは、"#!?"ボタンです。
  • アスキー記号と各種引用符が入力可能です。また2字のパッチム字母もこちらです。
 数字入力モード  記号入力モード

■11,172種類の全ハングルに含まれる文字を入れたい場合

  • 日常生活で使う韓国語の単語は、完成型と呼ばれる2,350種類のハングルで99.9%カバーされます。
  • まれに2,350種類では足りない場合があります。
  • ホーム画面にあるハングリンアイコンをタップして表示されるオプションスイッチの中の韓漢字スイッチをオフにして、ハングリンを呼ぶと11,172種の全ハングルを入力できるようになります。
  • 韓漢字スイッチをオフにすると「漢字」ボタンが「한글」ボタンに代わります
  • 補足ですが、韓漢字の場合は子音と母音を定めた後、1度ハングル1文字を入力しましたが、全ハングルの場合は子音と母音を定めるだけです。ハングルを入れる必要はありません。
 基本ハングル入力モードでは
子音と母音を定めると
このケースでは14種ですが
 全ハングル入力モードだと
28種のハングルが入力可能です。

■字母だけ入れたい場合

  • 韓国人のSNSへの投稿を見ると、よく字母を絵文字のように使うケースを見かけます。(例えば笑う場合はㅋや、泣く場合はㅠなど)
  • 字母ボタンを押した後、子音か母音を選ぶことで簡単に字母を入力できます。
  • 再度「字母」ボタンを押すと、基本ハングル入力モードに戻ります。
      
 最初に基本モードで
字母ボタンを押します。
 子音の中のㅋをタップすると
ダイレクトに入力できます。

■日本の漢字をハングルにできます

  • 漢字で覚えている韓国の地名のハングルもすぐに分かります。
  • 韓国語の単語の50%が漢字語なので、漢字からハングルがわかると便利です。パッチムは何だっけという単語の確認にも便利です。
  • ホーム画面のHanglinアイコンから使い方->紹介->ツールで行けます。(iPhone)
      
   変換1で韓漢字に
変換2でハングルに
   どっちがサーノップだったか
サンオップだったか
確認できますね。
 
   
         

■iPadでの画面: iPhone縦との違い

  • ボタンが大きく押しやすい。
  • 入力可能な文字は同じ。

履歴

公開日 バージョン  変更点
2015/6/18 Ver1.0 Hanglin - 韓国語キーボード 初版 
 2016/3/2 Ver2.0   
  • ハングルモードと英文モードをよりスムースに行き来できるようにしました。
  • 子音母音エリアの色をモノクロにできるようにしました。
  • iPad Proに対応しました。
  • 韓漢字を呼ぶ際のメモリー負荷を低減させました。
 2016/6/17 Ver2.1   
  • キーボードレイアウトの小さな修正
  • ツールの小さな改良(クリアボタンを設けるなど)
  • 説明文の簡潔化。
 2016/10/8 Ver2.2   
  • iPad上のiPhone専用アプリへの対応(互換モード)
  • iPhone 7(Plus), iOS10への対応
 2017/3/3 Ver3.0   
  • バグフィックスをしました。(候補ハングルの最後のハングルが表示されない場合がありました。)
  • 画面デザインを洗練させました。
 2017/4/19 Ver3.1   
  • 小さなバグフィックスをしました。
  • 文字サイズを調整しました。
 2017/7/16 Ver3.4   
  • iPad Pro 10.5への対応
  • 片手入力しやすいようにしました。
 2017/11/14 Ver3.6   
  • iPhone Xなど新デバイスへの対応
  • iOS 11への対応
  • 地球ボタンの長押して、キーボード切替をできるようにしました。
 2018/1/22 Ver4.0   
  • キーボードの高さを少し高くし、ハングル入力時の字母を2段から3段に変更しました。このことでスクロール画面が不要になり、軽快にハングルが入力できるようになりました。(iPhone 縦)
  • 起動速度を速くしました。
  • 英文字入力モードをなくしました。(標準キーボードが便利になったので)
 2018/1/30 Ver4.1   
  • 数字入力モードでコロンを入力できないバグを訂正しました。(iPhone 縦)
 2018/2/6 Ver4.2   
  • 数字入力モードと記号入力モードのレイアウトを改良しました。(iPhone 縦)

キーボード設定

 アプリをインストールした後、1度だけ以下の設定を行って頂く必要があります。

  1. iPhoneまたはiPadの設定アイコンから、「一般」「キーボード」「キーボード」で「新しいキーボードの追加」を選びます。そこで「ハングリン」を追加して下さい。
  2. キーボードメニューの中で「Hanglin - ハングリン」を押し、「フルアクセスを許可」スイッチをオンにします。その際、iOSからあなたのクレジットカード情報や住所などの個人情報を開発者に集められる可能性について警告が出されます。私どもでは操作情報などから個人情報を抜き取ることは致しません。この設定はカスタムキーボードでクリック音を鳴らすために必要だからお願いしています。
  3. ハングリンを今使うキーボードとして選ぶには、標準キーボードの地球アイコンを長押しして、出てきたメニューでハングリンを選んで下さい。出てきたキーボードの地球アイコンをハングリンが出るまで何度かタップしても切り替えが可能です。

※補足1:タップ音のオンオフ切替は、サウンドスイッチをお使い下さい。

※補足2:全ハングルを入力したい場合、韓漢字スイッチをオフにして下さい。
※補足3:キーボードの色を白黒にしたい場合、モノクロスイッチをオンにして下さい。

ソフトウエアの紹介

ショップ情報

Superscript

北海道札幌市豊平区
→事業者概要