Superscriptは外国語入力を専門とするソフトウエアショップです

2020/2/5

ハングル入力ソフト Hanglin Ver10.5 の紹介

 Windows用のハングル入力アプリ「ハングリン」をVer10.5にバージョンアップしました。ハングルから、その読みを得る機能(YomiHan)の改善に伴い、ハングリンも改善しました。

 iPadやスマホでハングルを扱うのも便利ですが、単語帳を作ったりGoogle翻訳でしゃべらせたり、ツイッターなどネットから学ぶにはやはりWindowsは便利です。

 [お知らせ]

  ※その1:ベクターのライブラリページはこちらです。

■Ver10.5で新しくなった点:

  • ハングル文の読みを得る機能(YomiHanの主要部分)を改良しました。
  • 単語帳登録時に、F7キーで備考欄に読みを表すハングルを自動追加するようにしました。

■紹介:

 ハングリンは、全ハングル数11,172種の中から韓国で日常使われる語の99%以上をカバーするというKS完成型ハングル2,350種に絞り、初声と中声を指定し、表示された候補から選ぶだけでハングルが入力できるようにしたものです。Windowsの韓国語IMEが次の文字を入れないと今入れている文字が定まらないのに比べ、1文字独立で文字を入れられるので自然にハングル入力ができます。

 またSNSやメールで韓国語を利用しやすいよう各種機能を入れました。

【特徴】

  1. 初声と中声を指定し、後は選ぶだけで簡単にハングルを入力できます。
  2. 入力方式はハングリン方式の他にWindowsの韓国IMEも自動呼出し可能です。
  3. 他のアプリへはクリップボードを介し、ワンボタンで韓国語を貼り付け入力できます。
  4. SNSで使いそうなフレーズは単語帳に登録しておくとすぐに使え便利です。
  5. ハングル文の読みをカナと発音記号で得る機能があります。
  6. 韓漢字をハングルから単漢字変換で入力できます。
  7. 日本語の漢字をハングルに変換するツールがあるので自分の名前のハングル表記も分かります。
  8. 作った単語帳からクイズ形式で学べるトレーニング機能があります。
  9. 韓国でよく使われる単語1000を収録しているのですぐにトレーニングできます。
  10. トレーニングは「単語理解」「空欄補充」「作文問題」の3種類を実現可能です。

■価格:

  • 定価: 1,600円(税込み:直接購入の場合)
  • バージョンアップ価格: 700円(Hanglin Ver6以前, HanglinGT, HanglinUCのライセンスをお持ちの方)

■使用条件:

  • 対応OS: Windows 10, 8, 7
  • 画面の文字サイズ(DPI):100%〜125%
  • 最小画面サイズ: 幅800×高さ600ピクセル
  • インストール先: CドライブのProgram Files(x86)フォルダ...(Windows 10)

[補足]

 Windows 7で使用する場合は、マイクロソフトのサイトから「游ゴシック・游明朝フォントパック」をダウンロードし、インストールする必要があります。無料です。

■試用制限:

  • 1つの単語帳フォルダに作れる単語帳の数: 5個まで
  • 1つの単語帳に登録できる単語の数:    15単語以内
  • 1度に転送できる最大文字数:       10文字
  • 編集コマンド:    Cut&Copyなどクリップボードを使う操作はできません。
  • 使える単語帳フォルダ:    Class0内の3個のみ
  • 発音変換: 最大35文字

※補足:試用中の出力結果(発音カナなど)を公に利用してはいけません。具体的にはSNSに投稿する、Webサイトで表示する、メールで自分以外の人に送る、会社や学校、官公庁での文書などに掲載するなどです。もちろん商用利用はすべて含みます。お試し期間という認識でお願いします。

■画面1:ハングル文の読みを得る機能で単語帳づくりが超楽!


★39の発音変化規則をチェック、F7キーで変換。

★カタカナが得られます。標準モードと口語調が選べる。



■画面2

単語登録画面や編集画面では発音記号も得られます。!



■発音規則と適用状況をブラウザで確認できます。



ハングル文がどんな発音変化規則で
どう変わるかF10キーで確認できる!




■日本の漢字を韓漢字とハングルに変換するツール



自分の名前のハングルもすぐ分かる!





■日本の漢字にない韓漢字は単漢字変換



ハングル1文字選択して、F8を押すと候補が出ます。
候補から韓漢字を選ぶと置換されます。





■作った単語帳でトレーニング



ランダム化された単語帳で問題を解けます。
自分で作った単語帳はしっかり覚えられる!





履歴

公開日 バージョン  変更点
2000/12/13 Ver1.0 ・初代Hanglinの公開開始 
2013/12/06 Ver3.5 ・HanglinUCの最終盤の公開開始
2014/12/12 Ver6.0 ・韓国語の発音規則を組み込みました。
 2019/9/5 Ver 10  ・ハングル入力をもっと便利に
 Windows10向け、一から作り直しました。
 2019/10/9 Ver 10.1  ・Hanglin Ver6およびHanglinUCで作った単語帳を読み込めるようにしました。
 2020/1/15 Ver 10.3  ・標準フォントをMalgun Gothicに変更
・ハングルの読みを得る機能を追加
・細かな改良
・バグフィックス
 2020/1/28 Ver 10.5  ・ハングルの読みを得る機能の改良。
・単語登録時に、F7を押したとき、読みハングルを備考欄に追加されるようにしました。

■基本的な使い方 他のアプリへの文字転送方法

 入力したハングルを他のアプリに転送する場合は、「転送ボタン」で一つで転送します。(クリップボードを介した自動貼り付けです)

 ハングリン以外の画面にカーソルが移動した時、その画面を転送先と認識するので、先に入力したいアプリの入力したい場所をクリックして、転送先を認識させます。

 自動で貼り付かない場合でも、必ずクリップボードにハングルは置くので、転送先アプリの「編集」「貼り付け」を行えば文字を転送できます。

ソフトウエアの紹介

ショップ情報

Superscript

北海道札幌市豊平区
→事業者概要